保険の選び方・見直しは?

日本人の平均寿命は今や、80歳を超えるまでになっています。喜ばしいのと同時に、衰える体に発生する慢性的な持病に、現代の日本人は悩まされ続けています。持病の突発的な急変に伴う大手術など、歳重ねる度に何かと出費がかさむことは、この先確実に増えていくことでしょう。

そのために保険というものを多くの人たちが加入をして、上記のようなまさかの事例に備えるというわけですが、最近では持病を持つ人たちに対して、保険会社がリスクを感じて加入を避けたがるケースが次第に増えて来ています。このように、保険難民になってしまいがちな人たちは、一体どうすればよいのでしょうか?

実は、このような人たちのために、用意されている保険がいくつか存在します。
それらは、従来の保険よりも保険料が割高に設定されている反面、引き受けの基準が緩和されていたり、引き受けの基準そのものが撤廃されていたりするなど、特別な仕様となっています。

これらは、さらに年代別に細かく、保険の種類も細分化されていますので、加入希望者の選択がかなり広がり、おすすめの保険が見つけ易くなっています。
持病というものは、できれば患わないことがベストなのですが、患ってしまった時に慌てなくて済むよう、また、患ってからパニックを起こさないよう、冷静で賢い保険選びをすることが大切になってくるのです。







最新の記事

  • 持病があっても申し込める保険の保険料は?

    持病というリスクに対応しているためか、「引受基準緩和型」や「無選択型」の保険は割高となっています。 どれくらい割高なのかの一例を挙げるなら、とある会社の60歳以上が加入の半数を占める「引受基準緩和型」の保険の場合、入院日額で1万円、手...


  • 病気の種類によっては保険に入れない場合もある?

    持病があっても申し込める保険ですが、当然のことながら無審査ではない保険には、入れない場合も存在します。 病名でもっとも弾かれる対象になるのは、「鬱病」です。鬱病は精神疾患の一つに分類され、死亡保障や医療保険の審査ではまず通りません。理...


  • 持病があっても申し込める保険の年齢制限は?

    多くの保険に年齢制限が設けられています。これは、持病を持つ人向けに作られた保険であっても同じです。 大まかな加入の年齢は、30歳から70歳までで、保険会社によってはそこから約10歳ほど範囲を広げて、20歳から80歳(一部は85歳)まで...


  • 専業主婦でも保険って必要なの?

    専業主婦は基本、収入をパートナーに依存していて、金銭面の観点から保険とは一見無縁のように感じられます。ですが、生活をしていく上で保険とは全く無関係とは言い切れない部分があります。 専業主婦が保険を必要とする場合は、その多くが突発的な病...


  • 保険料の支払方法の種類は?

    保険料の主な支払方法は大きく分けて幾つかあります。 まずは一般的な「月払い」です。 毎月というキリの良い感覚で支払いができます。家計簿にも忘れず記入できますね。税金に関する控除も、年末調整が簡単でしょう。ただ、保険料の割引の類はない...


  • 保険の特約は何が必要?

    保険に加入するうえで、利用者があまり意識しない特約ですが、実は意外と不必要なものが多く、賢い保険利用者は本当に必要な特約しか残さず、大抵は外してしまいます。それでは、必要な特約とは、一体どのようなものなのでしょうか。 例えばガン治療を...


  • 女性向けの保険にはどんなものがある?

    最近は、働く女性が増えるなど女性の社会進出が珍しいものではなくなりました。 しかしながら、女性特有の病気や疾患が大きなネックになってクローズアップされ、同時にこれが商機とみなされて、保険業界にも女性に特化した保険商品が販売されています...


  • 保険の見直しってどうすればいいの?

    更新や保険会社からの新規の勧誘などで、現在加入している保険の見直しを考える人もいることでしょう。ですがその際、何をどう見直せば良いのか分からない人もいることでしょう。見直しに関して、チェックするのは以下の点です。 まず、いつまでに、い...


  • 保険と預貯金の違い

    保険と預貯金の違いとは、一体どのようなものでしょう? 一番の違いは、経過年数による金額の差分です。預貯金は、経過年数が経つほど合計金額は積立と利息によって徐々に増えるという比例式ですが、保険は経過年数が経っても、加入していた金額の一定...


  • 持病がある方でも入れる保険のおすすめポイント

    持病を持っている人が保険に加入する時のポイントは何でしょう? まずは、その持病が入院レベルか否かがポイントの1つになります。入院の可能性が高くなると、まず通常の保険は加入できません。「がん」や「糖尿病」、「鬱病」などははじかれるでしょ...


  • 保険会社選びの注意点

    保険会社を選ぶ時に最も重要なのが、その会社が保障をしてくれる状態なのか否かという点です。 一度倒産でもされたら、せっかく払い込んでいたお金が水泡に消えるのです。一応倒産したとしても、現在の会社の大半(共済以外)は救済される仕組みはあり...


  • 保険料のポイントって?

    医療保険や生命保険に限らず契約者にとって最も悩ましいとされる部分は、保険料でしょう。 もしもの時のために少しずつ支払うものですが、加入者にとっては出来るだけ節約しておきたいところです。そんな保険料金に関する、ちょっとしたポイントをご紹...


  • 保険の比較方法は?

    各保険会社に多数存在する各種保険をどのように比較すればよいのか? 一番大切なことは、常に加入する者を価値基準の中心に据えて比較するということです。誰が、何のリスクに備えるかが、比較の対象として重要になってくるのです。 まずは、加...


  • 持病があっても入れる保険徹底比較

    持病を持つリスクを持つ人たちのためにある「引受基準緩和型」や「無選択型」といった生命保険や医療保険ですが、どこがどのように違っているのでしょうか? 自分自身にとって、より良い保険を選ぶためには、違いをしっかり把握して、それを自分の持病...


  • 持病がある人でも入れる保険ってあるの?

    普通のケースであれば、従来の生命保険や医療保険への加入は、それほど難しいものではありません。 ところが、持病というリスクを抱えていた場合には、保険会社は健常者との公平性を確保するために、より厳格で詳細な診査基準を適用してきます。そのた...