カテゴリー2の一覧

持病があっても申し込める保険の保険料は?

持病というリスクに対応しているためか、「引受基準緩和型」や「無選択型」の保険は割高となっています。 どれくらい割高なのかの一例を挙げるなら、とある会社の60歳以上が加入の半数を占める「引受基準緩和型」の保険の場合、入院日額で1万円、手術給付金10万円、それにプラスして先進医療給付特約を付加とした基本保障の保険料は、月額で男性なら16046円、女性なら13496円になります。 これを年間...


病気の種類によっては保険に入れない場合もある?

持病があっても申し込める保険ですが、当然のことながら無審査ではない保険には、入れない場合も存在します。 病名でもっとも弾かれる対象になるのは、「鬱病」です。鬱病は精神疾患の一つに分類され、死亡保障や医療保険の審査ではまず通りません。理由は、自殺などの死亡してしまう事例が多いためと、入院した場合に必然的に長期に亘ることが多く、結果として保障金を支払うケースが多いためです。 ちなみに、上記...


持病があっても申し込める保険の年齢制限は?

多くの保険に年齢制限が設けられています。これは、持病を持つ人向けに作られた保険であっても同じです。 大まかな加入の年齢は、30歳から70歳までで、保険会社によってはそこから約10歳ほど範囲を広げて、20歳から80歳(一部は85歳)までとしているところもあります。 持病がある人が申し込める保険は、一般の健常者が申し込める保険に比べて、年齢に関しては対象年齢の範囲が拡大されているようです。...


専業主婦でも保険って必要なの?

専業主婦は基本、収入をパートナーに依存していて、金銭面の観点から保険とは一見無縁のように感じられます。ですが、生活をしていく上で保険とは全く無関係とは言い切れない部分があります。 専業主婦が保険を必要とする場合は、その多くが突発的な病気や、家族のための費用を用立てる不足額が発生する場合など、万が一の事態に想定して加入する場合が大半です。 例えば生命保険であるなら、専業主婦本人が死亡して...


保険料の支払方法の種類は?

保険料の主な支払方法は大きく分けて幾つかあります。 まずは一般的な「月払い」です。 毎月というキリの良い感覚で支払いができます。家計簿にも忘れず記入できますね。税金に関する控除も、年末調整が簡単でしょう。ただ、保険料の割引の類はないので、割高になりがちです。 次は支払いが半年や1年単位になる、「半年払い」と「年払い」です。 ある意味でまとまっての支払いとなるので、大抵の保険料は「月...


保険の特約は何が必要?

保険に加入するうえで、利用者があまり意識しない特約ですが、実は意外と不必要なものが多く、賢い保険利用者は本当に必要な特約しか残さず、大抵は外してしまいます。それでは、必要な特約とは、一体どのようなものなのでしょうか。 例えばガン治療を上げた場合、医療保険よりもより特化されたガン保険の特約がお得です。何故なら、医療保険のガン特約は基本入院しないとお金が下りませんが、ガン保険であれば治療という名...


女性向けの保険にはどんなものがある?

最近は、働く女性が増えるなど女性の社会進出が珍しいものではなくなりました。 しかしながら、女性特有の病気や疾患が大きなネックになってクローズアップされ、同時にこれが商機とみなされて、保険業界にも女性に特化した保険商品が販売されています。 このような女性対応の保険は、大きく分けて女性向けに特化した保険と女性向けの特約を付属した保険の2つに分類できます。この2つの大きな違いは、保険料です。...


保険の見直しってどうすればいいの?

更新や保険会社からの新規の勧誘などで、現在加入している保険の見直しを考える人もいることでしょう。ですがその際、何をどう見直せば良いのか分からない人もいることでしょう。見直しに関して、チェックするのは以下の点です。 まず、いつまでに、いくらほどの、どのような保障が必要なのかを、もう一度再確認します。その上で、不必要な保険に加入しているなら迷わずに解約し、逆に将来に渡って、必要な保障金額が不足が...


保険料のポイントって?

医療保険や生命保険に限らず契約者にとって最も悩ましいとされる部分は、保険料でしょう。 もしもの時のために少しずつ支払うものですが、加入者にとっては出来るだけ節約しておきたいところです。そんな保険料金に関する、ちょっとしたポイントをご紹介しましょう。 保険料は、年齢を重ねると次第に支払う金額が増えてきます。例えば生命保険の場合、30代では1万円だったのが、40代では2万、50・60代では...


保険の比較方法は?

各保険会社に多数存在する各種保険をどのように比較すればよいのか? 一番大切なことは、常に加入する者を価値基準の中心に据えて比較するということです。誰が、何のリスクに備えるかが、比較の対象として重要になってくるのです。 まずは、加入する者の年齢です。年齢が40歳以下であれば、比較的緩い基準の医療保険や生命保険で対応できるところが多いですし選択の幅が広がります。保険会社では、40歳未満、4...


持病がある人でも入れる保険ってあるの?

普通のケースであれば、従来の生命保険や医療保険への加入は、それほど難しいものではありません。 ところが、持病というリスクを抱えていた場合には、保険会社は健常者との公平性を確保するために、より厳格で詳細な診査基準を適用してきます。そのため、診査の過程で該当事項に1つでも引っかかってしまうと、加入が認められないばかりか、嘘の証言をして加入した場合には、告知義務の違反に該当してしまい、加入した保険...