保険会社選びの注意点

保険会社を選ぶ時に最も重要なのが、その会社が保障をしてくれる状態なのか否かという点です。

一度倒産でもされたら、せっかく払い込んでいたお金が水泡に消えるのです。一応倒産したとしても、現在の会社の大半(共済以外)は救済される仕組みはありますが、契約者にとって不利な条件になるのは言うまでもありません。

そのため保険会社の健全性を事前に、あるいは加入時に常にチェックしておくのが常識というものです。健全性をチェックする上で目安となるものに、「格付け」があります。

複数の格付け会社が、保険会社の財務状況を独自に調べて、スコア表示しています。「AAA」や「AA」、「A」、「BBB」が付いている会社であれば、まず大丈夫でしょう。正し、格付けだけでは不十分な側面があります。

そこで登場してくるのが、「支払余力比率」、通称「ソルベンシーマージン比率」と呼ばれるものです。これは災害や経済危機など、突発的なリスクに対しての余力がどれほどあるのかという指標です。

この比率が大きいほど、支払余力大きく、安全な会社と言われています。目安としては、400%を超えている会社であれば、ほぼ大丈夫だとされています。しかしながら、この2つをもってしても絶対大丈夫とはいい切れないのが、世の中というものです。

最終的な判断は、もちろん自分自身と言うことになりますが、できるなら第三者のファイナンシャルプランナーの助言を参考にすることも一考の余地かと思われます。







同じカテゴリーの最新の記事

  • 保険と預貯金の違い

    保険と預貯金の違いとは、一体どのようなものでしょう? 一番の違いは、経過年数による金額の差分です。預貯金は、経過年数が経つほど合計金額は積立と利息によって徐々に増えるという比例式ですが、保険は経過年数が経っても、加入していた金額の一定...


  • 持病がある方でも入れる保険のおすすめポイント

    持病を持っている人が保険に加入する時のポイントは何でしょう? まずは、その持病が入院レベルか否かがポイントの1つになります。入院の可能性が高くなると、まず通常の保険は加入できません。「がん」や「糖尿病」、「鬱病」などははじかれるでしょ...


  • 保険会社選びの注意点

    保険会社を選ぶ時に最も重要なのが、その会社が保障をしてくれる状態なのか否かという点です。 一度倒産でもされたら、せっかく払い込んでいたお金が水泡に消えるのです。一応倒産したとしても、現在の会社の大半(共済以外)は救済される仕組みはあり...


  • 持病があっても入れる保険徹底比較

    持病を持つリスクを持つ人たちのためにある「引受基準緩和型」や「無選択型」といった生命保険や医療保険ですが、どこがどのように違っているのでしょうか? 自分自身にとって、より良い保険を選ぶためには、違いをしっかり把握して、それを自分の持病...


  • 保険の選び方・見直しは?

    日本人の平均寿命は今や、80歳を超えるまでになっています。喜ばしいのと同時に、衰える体に発生する慢性的な持病に、現代の日本人は悩まされ続けています。持病の突発的な急変に伴う大手術など、歳重ねる度に何かと出費がかさむことは、この先確実...